芸術鑑賞会 マイムボックス〜おしゃべりなカラダ〜

芸術鑑賞行事として奈良の中学校で、「マイムボックス〜おしゃべりなカラダ〜」の公演。 「パントマイムをやってみよう!」という体験のコーナーを最後にしています。 首をぐねぐね動かすコツを教えて、生徒みなさんも一緒に動かしています。全員でしていると壮観ですね。

071112_tenri

おやこ劇場で、ダイアンのどうぶつえん

おやこ劇場と幼稚園の合同で、ダイアンのどうぶつえん公演です。 一時間以上もあるバルーンショーに小さな子どもたちが最後までくらいついて(!)見てたいうか、のってきてたというのでしょうか。観客全員と集合写真というのは、レアです。 公演後にホールロビーで、子どもたちと交流会。大人との交流会はよくありますが、こどもだけというはレアです。 子どもたちにとって、ダイアンのことはとてもふしぎな存在のようです。

071111_higashiosaka_a 071111_higashiosaka_b

珠ちゃんの街頭紙芝居 老人福祉センター

老人福祉センターの文化祭の催しで、おじいちゃん、おばあちゃんたちとめっちゃ元気なこどもたちと街頭紙芝居をしてきました。
始まるときはにぎやかでしたが、怖いお話の紙芝居を始めると、急にみんながシーン。 ちいさな子どもたちも多かったので、にぎやかな楽しい紙芝居となりました。玉すだれのお手伝いでは、明るいおじいちゃんが登場して、珠ちゃんもびっくりでしたね。終わってから子どもたちに、水飴を一人づつプレゼント。
主催 : 大阪市立北区大淀老人福祉センター 公演日 : 2007年11月10日

071110_kamishiabai_a 071110_kamishiabai_b

高等学校 芸術鑑賞会でマイムボックス

神戸の高等学校の芸術鑑賞会として、パントマイム作品・マイムボックス〜おしゃべりなカラダ〜を公演。

会場は神戸文化ホールの中ホールです。
隣の大ホールでは歌舞伎の舞台仕込みで忙しそうですが、パントマイムはシンプルそのもの。必要な物はすべて観客のイマジネーションの中に創り出します。
約800人の高校生たちが、いいむろなおきさんたちの動き一つ一つにとてもいい間合いで反応してくれます。
1時間10分、無言で続く舞台を最後まで集中してみていただけました。 観客とぴったり呼吸が合う公演で、演じている側も気持ちの良い舞台になりました。

071107_kohoku_a 071107_kohoku_b 071107_kohoku_c 071107_kohoku_d

和楽器演奏集団・独楽 in 滋賀

今回は、小学校で芸術鑑賞会でのコンサート。
体育館で準備をするところからご紹介しましょう。 朝一番に学校に到着すると、搬入からはじまり、手際よくステージの用意、大きな太鼓も組み立ててセッティング。 独楽のメンバーが風のごとく素早く作業をしています。
児童が座って見る観客席を、ひとつづづ組み立てています。 せっかくのコンサートを鑑賞するのに、いつもの体育館では雰囲気がでません。そこで、劇場のような雰囲気をつくるためひな壇の観客席を設営します。
この日から、便利に一瞬で組み立てられるダンボール製の脚がデビュー。軽くて取り扱いが便利、そして開いてすぐ使えるので、名前を「パカポン」といいます。
暗転した体育館に、演出用の照明の中でコンサートは行われます。 舞台も客席も一緒になって、コンサートを楽しめます。独楽の演奏会の最後には、舞台の太鼓を子どもたちに演奏してもらって、合奏をします。

071004_otu_a 071004_otu_b 071004_otu_c 071004_otu_d

 

ダイアンのバルーンショー in 宮崎

おやこ劇場の公演で、「英語落語」と「ダイアンのバルーンショー」の公演で九州は熊本と宮崎をまわって来ました。 まったく種類の違う作品を一日の間にこなすダイアンです。 こちらの写真は、宮崎県宮崎市でのステージ。
いろんな子どもたちに手伝ってもらいながらバルーンを作っていきます。 ダイアンにに声をかけられて舞台にあがると、みんな緊張気味だけど、バルーンが作ったりしてとてもうれしそうです。 こちらの写真は、宮崎県延岡市のステージです。

071013_miyazaki_a 071013_miyazaki_b

 

高等学校の鑑賞会で英語落語

京都の女子高校で英語落語会。由緒ある講堂が一杯です。文化祭行事にあわせた芸術鑑賞会です。

いつものと趣向が違いまして、東京から「紙切り」の林家今丸さんに来て頂きました。生徒からお題をいただきながら、その場で紙切りをしていきます。

特別に参加して頂いた先生の似顔絵紙切り。先生にあわせてしゃれた絵柄に仕上げています。

070917_kyoto_a 070917_kyoto_b 070917_kyoto_c

HIXジャグリングショー

 

京都の養護学校を会場にお借りして、地元の障害者の人たちや家族、関係者による夏祭り。毎年いろんなパフォーマンスを紹介しています。
お祭りがのんびりしたところもあって、ホッとする催しです。
舞台前にどうどうと人が行き交ったり、立ちふさがったりとそれもた愉快な一瞬になります。
会場作りもステージの催しも、お店も手作りです。
数年ぶりに、HIX(ひっくす)のジャグリングショーが帰ってきました。
みなさんお待ちかねのようです。
夕張も降りて、あたりもそろそろ闇に包まれるこころ、ショーの佳境に入ってきました。暗闇に炎がめらめらと浮かび上がります。火ふきで夜空を焦がして、すべてのショーが終わりました。

 

乙訓障害者夏祭り実行委員会
公演日 : 2007年9月1日
会場 : 京都府向日が丘養護学校

otokuni0709_a otokuni0709_b otokuni0709_d otokuni0709_c otokuni0709_e

学童保育でマジックショー

夏の恒例で、地元のホールで夏休みのお楽しみ会。
大阪府下の学童保育所の子どもたち、約2千人が集まってイリュージョン・マジックを見てもらいました。
テレビで人気のマジックですが、生の舞台で演じられるイリュージョンマジックが、次々と登場するのはびっくりしてたみたいですね。とっても喜んで見ていただけました。

今回は、ヒロトさんの全面協力で、出演者7人と贅沢なプログラムとなりました。オープニングは、素早い展開で「剣刺し」。関西で大活躍のヒロトさんです。後ろ姿でスミマセン!

070829magic_suita_c
今回のマジックショーには、ヒロトさんの大のお知り合い、ルビー天禄さん。幻想的なマジックを見せてくれます。

070829magic_suita_a
舞台に子どたちに上がってきてもらって、ヒロトさんとルビーさんのマジック対決を一緒に。手伝ってる本人もびっくりでしたね。

070829magic_suita_b

 

 

吹田市役所児童育成課
公演日 : 2007年8月
会場 : 大阪府吹田市・メイシアター大ホール

カンボジア・サーカス学校 大阪公演

cambodia_circus_schoo_a

沖縄から東京までの3週間、ツアーの後半に大阪と京都で公演が続きます。
公演前のリハーサルの様子です。

cambodia_circus_school_b

上演の最初の民族音楽のコンサート。本編の劇伴奏をしていますが、それだけだともったいないので、コンサートシーンもすることに。
循環するメロディをいつまでも聴いていたい気になります。

cambodia_circus_school_c

公演後に、子どもたちと舞台の上で記念撮影。

カンボジア・サーカス学校
日程 : 2007年8月10日〜11日
会場 : クレオ大阪中央

たこたんフェスタ2007

takotan2007_kamishibai_a
大阪城一帯では「大阪・アジアアートフェスティバル」として、たくさんの公演が行われています。
いよいよ始まりました「たこたんフェスタ」。
別名「国際児童青少年演劇フェスティバル大阪」。大阪が暑い。

takotan2007_kamishibai_b

大阪府おやこ劇場がプロデュースするショーケースで、「珠ちゃんの街頭紙芝居」を上演してきました。
開場直前に、急遽最前列のイスをはずしてさじき席に。子どもたちは、舞台前にかぶりつでぎっしり座ってくれました。
大塚珠代がお菓子の話しとかクイズが始まると、よーく知っている子どもがいろいろ突っ込んでくれます。珠ちゃんもたじたじ、会場は笑い声でいっぱいです。

takotan2007_kamishibai_c

さて、本編の紙芝居に入る前に、「ちっょと怖いのと、超怖いのとどっちがいいかなぁ」と、会場の子どもたちに尋ねると、それだけで泣き出す子どもがでて大爆笑。こうしたハプニングや子どもとのやりとりがあって、楽しい一時を作れます。
また、どこかで珠ちゃんの街頭紙芝居を見てね!

HP >> たこたんフェスタ・ショーケース
2007年7月30日(月)から8月4日(土)

日程 : 2007年8月1日(水)
主催 : たこたんフェスタ
大阪府おやこ劇場ショーケース
会場 : OBP円形ホール(大阪市中央区・京橋)

 

マーキィのマジックショー

めったにないことなんですが、台風通過で公演が一週間順延。
朝から笠置町は小雨がふったり止んだりのお天気でも、こどもはフルパワーで楽しんでいます。マーキィのショーの前に地域の方が材料をそろえた工作教室を開いてました。

kasagi070721_a

この日初めて出してみた、子供用の○イヤ人カツラ。手伝ってくれた男の子は、照れもせずに決めぜりふをびしっといってくれたおかげて、会場は盛り上がりました。勇気のある男の子です。

kasagi070721_b

kasagi070721_c

久しぶりにしてみたいう「花を咲かせましょう!」。本人はわかっていたのかどうか、見ている友だちには大受けでした。
元気な子どもたちばかりでとても楽しい催しとなりました。

主催 : 笠置児童館(京都府相楽郡笠置町)
公演日 : 2007年7月21日(日)
会場 : 笠置会館

 

鶴亀一座 広島県福山市

page0_blog_entry58_1

鶴亀一座が、広島県福山市で公演してきしまた。福山城のお膝元にある小学校での芸術鑑賞会。
出演者がびっくりするぐらいの元気で、まさに大道芸のやりとりが客席と繰り広げられました。五百人以上の子どもたちから、たくさんの突っ込み!に負けじと、張り切りましたよ!
写真は、珠ちゃんの街頭紙芝居の一こまです。

page0_blog_entry58_2

ガマの油売り

 

幼稚園でクラウンショー

page0_blog_entry55_1

 

大阪市住之江区内の幼稚園で、クラウン・マーキィのショーがありました。近所の保育所の子どももいます。カラフルな帽子をかぶった子どもたちが並んで座っていると、園庭にチューリップの花が咲いたみたいで、可愛かったですね。

落ち着きのなくてあわてんぼうのマーキィが、失敗ばかりして、それを子どもたちが笑ってくれます。でも、だんだん心配になってきたのか、真剣にアドバイスをする子どもがマーキィに声をかけてくれます。小さな子どもは、大人と違う難しさがあるけど、やっぱり楽しいですね。

パントマイム中学校公演 三年生を送る会

mimebox_070302_a

学校での芸術鑑賞会もこの時期になると、3年生を送る会、予餞会としての公演が多くなります。
兵庫県加古川市内の中学校で、マイムボックス〜おしゃべりなカラダ〜の公演をしました。2年生と1年生が拍手で3年生の入場を迎えます。いつもの芸術鑑賞会と違う雰囲気で、マイムの公演が始まりました。

mimebox_070302_b
公演が終わって、中学生に声をかけてみると「むっちゃ面白かった」とのこと。このマイムの作品は、抽象的な表現がウエイトを占めているけれど、思う以上に内容がしっかり伝わっていてうれしかったですね。

マイムボックス〜おしゃべりなカラダ〜

 

 

中国伝統音楽・にこ二胡コンサート

china_traditional_music

公民館で活動しているクラブの協議会が、毎年この時期に「ふれあいコンサート」を開催しています。
中国伝統楽器の二胡(にこ)、揚琴(ようちん)、琵琶(びわ)のステキなコンサートでした。

最初の登場では、そろいの真っ赤なドレス。中国の春節にあわせて、赤のチャイナドレスだそうです。休憩あけの後半では、ご覧のブルーのドレスで演奏してくれました。演奏の合間には、珍しい楽器二胡や揚琴、琵についてそれぞが話してくれたり、想い出などを語ったりの内容でした。
二胡 : 王秀華(おう・しゅうか)
揚琴 : 付虹(ふ・ほん)
琵琶 : 何歓(か・かん)

コンサート : 2007年2月24(土)/大阪府羽曳野市立陵南の森公民館