民族楽器のコンサート 小学校の芸術鑑賞会

大阪市内の小学校で、世界の民族楽器で演奏する「ヴォイス・オブ・ドリーム」のコンサートがありました。
真っ暗になった体育館。暗闇から打楽器の音が響いてきて、ヴォイスの三人が登場。なにが始まるか興味津々、でも曲が終わると突然暗転、そして次の演奏に入っていきます。
演奏中は見えにくい山村誠一さんの楽器。手前に見える丸い楽器がドラム缶から作られたスティール・パン。いろんな楽器を組み合わせて、不思議な音色を奏でます。
コンサートの後半は、観客のみんなと演奏を始めていきます。山田晴三さんが演奏で使っているカリンバ。アフリカの楽器で、親指で弦をはじいてひきます。ヘアピンや竹など種類は沢山。
演奏の間にそうめんの箱のカリンバも紹介します。

081007_nakathu_a 081007_nakathu_b_percussion 081007_nakathu_c 081007_nakathu_d_kalimba