公演の感染予防対策

新型コロナウイルス感染防止対策を行い安全な公演を実施しています。

  • 出演者・運営スタッフ全員の検温や健康状態のチェックをし、 体調不良の場合は業務につきません。
  • 出演者・運営スタッフ全員のマスク着用、 手洗い、 手指消毒の衛生管理を徹底します。
  • 公演時に演者がマスク着用ができない場合、 文化庁のガイドラインにのっとった対策を行います。
  • 出演者と観客が接近して触れあう演出は行いません。
    (出演者との体験参加コーナー、客席内での練り歩き、握手、ハイタッチ、退出の際の送り出し)
  • 掛け声、声援、合唱など大きな声を出すことを誘導する演出は行いません。
  • 会場内の窓や出入り口等の解放による外気の取り込みを増やし、 換気を強化いたします。
  • 観客の感染対策について、事前の打ち合わせにおいて確認をいたします。
    (入場退場方法、客席の距離、会場の換気、出演者とのふれあい)

Image

演者と観客の間を充分に空ける。

Image

体験コーナーは、お互い充分距離をとる。

Image

観客席は隣と距離をとる。

Image

椅子席の場合、一人分を空ける。

感染防止対策版プログラム(短縮版プログラム)

• 観客数を減らし、2回公演で実施
• 上演時間は、45分の短縮プログラム
• 上演料は一回公演と同じ

芸術鑑賞会で感染予防を実施した、特別プログラムを用意しました。
体育館で密を避けるために、通常一回の鑑賞を2回公演にし観客数を半分にします。
演目のプログラムを一部変更し上演時間を45分に短縮します。ご要望があれば午前中に2回公演が可能です。
上演料は、通常の一回公演とおなじになります。

感染防止対策版プログラム(短縮版プログラム)・対応作品

Image

はじめての落語
いろは寄席

Image

まつりの響き
息づく芸能、受け継ぐ伝統

Image
みんなで合奏!
コロコロなる・竹楽器アンクルン
Image